HOME>人気記事>【幼稚園教諭になるためには】大学で専門的に学ぼう

大学で学べること

子どもが大好きで、子どもたちの成長に関わる仕事に就きたい!という人は多いはず。全国には、保育系のことを専門に学べる大学が多くあります。大学では、いったいどのようなことを学べるのでしょうか。大学で様々なスキルを身に着けることで、子どもたちの成長に大きくサポートできるでしょう。

保育系の大学で学べること

  • クレヨンや折り紙など図画工作の基礎
  • 子どもの心理学
  • 幼稚園教諭の免許取得
  • ピアノや歌など音楽の基礎
  • 幼稚園教諭の免許取得
  • ピアノや歌など音楽の基礎

【幼稚園教諭になるためには】大学で専門的に学ぼう

幼稚園教諭はどんな人が向いている?

保育園や幼稚園の先生になりたい人の多くは、「子どもが好き」ということが一番大きいと思いますが、それ以外で幼稚園の先生に向いている人の特徴はあるのでしょうか。幼稚園教諭には、責任感があり、気持ちを切り替えて行動するのがうまい人が向いていると思われます。子どもを保護者から預かるというのは、とても責任重大なことです。そのため、人の子を預かってしっかり面倒をみる責任があるかどうかが大切となっています。また、気持ちを切り替えて行動できるかも重要です。子どもは、純粋で思ったことをなんでも言ってしまうため、その純粋さに傷つくこともあるかもしれません。また、子どもと関わる以外でのちょっとしたプライベートの不安や悩み事も、子どもは敏感に感じ取って雰囲気が悪くなってしまいます。幼稚園で子どもたちと接しているときは、明るく切り替えて働くことが大切です。

幼稚園教諭の仕事について

幼稚園教諭は、朝早くに出勤することがほとんどです。子どもたちが登園してくる前に、教室を掃除したり、子どもたちと遊ぶ道具を準備したりします。子どもたちをサポートする他にも、様々な仕事があります。クリスマスや誕生日会などのイベントの準備、庭のお手入れや掃除を行ったり、お便りプリントを作ったりとたくさんの業務があります。しかし、大変な分楽しいことややりがいも大きいのも、幼稚園教諭の特徴です。

授業

広告募集中