HOME>イチオシ情報>【社会人の方も必見】幼稚園教諭になるために大学へ行こう

【社会人の方も必見】幼稚園教諭になるために大学へ行こう

授業

社会人でも大丈夫!夢を目指そう

20~30代で、高校を卒業してから夢を再認識した、という方は多いと思います。最近では、社会人になってから大学へ入学する方が増えています。社会人入学者を歓迎して支援制度を設けている4年制大学や短期大学も年々増加しています。また、仕事の合間などに通信制の大学へ通うのも一つの方法です。大学によっては、社会人特別入試といって、合格者は入学金が免除になるという制度がある学校もあります。社会人特別入試は、学校にもよりますが、高校卒業後1年以上社会経験がある人に出願資格があります。入学後は、高校を卒業したての一般の学生と一緒に講義を受けますが、10代後半~20代前半以外にも大学では様々な年齢の学生たちが多く学んでいます。大人になってからはじめて自分の好きな事ややりたい事が見えてきたという方は、ぜひ新たな一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

幼稚園教諭の免許について

幼稚園教諭の免許は主に3種類あります。短大や専門学校、通信教育などで取得できるのが「幼稚園教諭二種免許状」などです。4年制大学で養成課程を修了し取得できるのが「幼稚園教諭一種免許状」であり、さらに4年制大学卒業後、大学院で修士課程を修了し取得できるのが「幼稚園教諭専修免許状」です。多くの人は、幼稚園教諭二種免許状を取得しています。さらに、一種、専修の順で、取得している人の割合は少なくなっています。また、この3種類によって、初任給が変わってくることもあります。大学卒業と、大学院卒業で給与にも1~2万円の違いがでる勤務先もあるようです。これらの資格は、大学や専門学校などを所定の単位を取得し、卒業を認められるとそれと同時に資格も取得できる仕組みになっています。

広告募集中